作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【脳画像】各高さの見方

こんにちは。

 

かなり前にCTとMRIについて記事にしました。

 

rihaot.hatenablog.com

 

rihaot.hatenablog.com

 

rihaot.hatenablog.com

 

今回はその後、脳画像の各高さの見方について見ていきたいと思います。

中央部に脳幹の各部位(中脳・橋・延髄)が見られます。今回は下側の延髄から見ていきます。

 

『延髄レベル』

f:id:rihaot:20210203151753p:plain

・CTでは描出が行われにくいです。(骨によって透過しにくい)

・Wallenberg症候群など延髄病変が読み取れます。

 

『橋レベル』

f:id:rihaot:20210203152016p:plain

前頭葉眼窩野、側頭葉、橋に囲まれた範囲が五角形(ペンタゴン)に見え、そこをウィリス動脈輪が走行します。

・このレベルの側頭葉では扁桃体、海馬が見えます。

・側頭葉では側脳室下角が拡大しているか確認でき、拡大している場合は側頭葉や扁桃体などの萎縮疑われます。(認知機能低下などが出現してくる可能性があります)

・このレベルより少し下方に行くと橋は縦長となり、さらにもう一つ下では横長となります。

 

『中脳レベル』

f:id:rihaot:20210203152656p:plain

ダビデの星(六芒星)レベルとも言われます。

ミッキーマウスのような形を探すと中脳はよく分かります。

ミッキーマウスでいうところの耳は大脳脚、目は赤核、口は中脳水道を指します。

 

松果体レベル』

f:id:rihaot:20210203224858p:plain

・中央後方に松果体の石灰化、左右の側脳室後角には髄液を作る脈絡叢の部分が白くみえます。

視床基底核、内包が1番きれいにみえます。

視床は腹側核群の高さとなります。

 

脳梁膨大部レベル』

f:id:rihaot:20210203225124p:plain

・側頭葉の終わりの高さです。(これ以上上では側頭葉は見えません)

視床は背側核群の高さとなります。

 

『ハの字レベル』

f:id:rihaot:20210203225507p:plain

・側脳室がハの字に見える高さです。

・白質のやや外側を上縦足が通ります。

 

『半卵円中心レベル』

f:id:rihaot:20210203225622p:plain

・白質部分が卵を半分に切ったような形に見える高さです。

前頭葉頭頂葉が見える高さです。

 

ちなみに各画像がCTなのか、MRIなのかは分かりましたでしょうか?もし分かりにくい場合は過去記事を参照して下さい。

今回は各部位の細かい機能までは見ていません。各部位に印などもなく、見にくかった点もあるかもしれません。

 

高さがなんとなく分かれば、今度は中心溝や外側溝の見方ですよね。またこれらについても記事として上げていきたいと思います。

 

ではでは。