作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。不定期週2回12時更新。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【リハビリ】学会発表の価値とは?

こんにちは。

 

手間隙かかる学会発表。

大変な思いをした方もいるかと思いますが、重要視されることも多いです。

そこで今回は学会発表はなぜ大切なのか、島根県理学療法士協会のデータを中心に取り上げます。

 

●研究の階層

臨床研究のエビデンスレベルに変化 オーソモレキュラーに追い風 ...

出典:https://mizoclinic.tokyo/staff/6873/

研究のエビデンスレベルは研究内容で変わり、エビデンスは「再現性の高いもの」が集まり、構成されます。

RCTのような大規模な研究は結果が多くの対象者に当てはまるとしてエビデンスレベルも高いものとされます。

 

一方で、学会発表でよくあるシングルケースの発表やある一定期間の症例を比較して行うような研究は、一般的でなく、ある対象者にとってのみ効果があったものとなることが多いです。

そのため、「症例報告はエビデンスレベルが低く、話にならない」というような風潮がありました。

 

それでもあるシングルケースから歴史が変わったこともあります

 

●歴史が変わったシングルケース

現在、Broca野が損傷すると、運動性失語が出るのは、教科書でも当たり前に出てきます。

しかし、脳科学が発展していない時代は未知の領域でした。

 

そんな中、1861年、フランスの神経科学者ポール・ブローカが「⾔葉を理解することは出来るが、話すことが出来ない男性」に出会います。
このケースからブローカは損傷部位が左前頭葉にあることをつきとめ、現在のBroca野と運動性失語の関連性が知られるようになりました。

 

このように日々の臨床のふとした疑問から時には後に残るような発見が生まれる場合があります。

 

日々、臨床の中には疑問が渦巻いています。

臨床家として同じ悩みにぶち当たっている療法士も一人ではありません。

 

同じような悩みを抱えた療法士が介入結果を報告することで、類似した症例を担当する
現在や未来の臨床家の役に⽴つことができます。
また、臨床疑問に対する新しい仮説を⽣成することができ、それが未来のリハビリの発展につながるかもしれません。

 

●症例報告の例

症例報告を行う場合、どのような事例が良いか迷うことがあります。

そこで例を3つ挙げます。

 

①気になった症例

日々の気になることを効果検証し、あげます。

シングルケースでは個別性が⾼いと考えられますが、その報告が、10年経過した後にたくさん報告されるようになるなど共通性へと変化し医学界の発展につながる可能性を秘めているかもしれません。

 

②稀な疾患、稀な経過

疾患⾃体が稀、疾患に対する理学療法の介⼊報告が稀など少ないケースをあげると、同じようなケースにあたった時の他の療法士の悩み解決につながる可能性があります。

 

③新たな⼿法

新たな介⼊⽅法も発表すると良いものの1つ。

違う視点から対象者を見ることで新たな発見につながるかもしれません。

 

いかがだったでしょうか?

職場の雰囲気により学会発表をする、しないは大きく分かれます。

どう判断して動くかも最終的には本人の判断ですが、よりよいものを患者さん、利用者さんに届けてもらえればと思います。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

【文献】後期高齢者の筋トレの効果とは?

こんにちは。

 

医療関係で仕事をしていると高齢者と関わることが多く、75歳以上の後期高齢者も珍しくありません。

その中でリハビリでは「こんな歳からやって力がつくの?」など筋トレについて疑問を投げかけられる場面を何度も経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

その時に困った経験のある方、迷いながら答えている方は今日の内容を参考にしてもらえればと思います。

 

●結論

結論を先に言うと、「運動方法によっては効果あり」となります。

では、この結論までの詳細を見ていきます。

 

●文献

今回ご紹介するのは「Effects of Resistance Training on Muscle Size and Strength in Very Elderly Adults: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials(超高齢者における筋力トレーニングの筋サイズおよび筋力への効果。無作為化対照試験の系統的レビューとメタアナリシス)」です。

 

この研究は75歳以上の超高齢者におけるレジスタンストレーニングの筋サイズおよび筋力に対する効果を検討することを目的に書かれています。

 

では、詳細を見ていきましょう。

 

●方法と結果

過去の研究の中から超高齢者におけるレジスタンストレーニング(抵抗運動)後の筋力、ハンドグリップ後の筋力に対する効果を検証しています。

 

結果、75歳以上のグループにおいて、レジスタンストレーニングを行ったグループの方が筋力の向上を認めました。

また、80代以上の高齢なグループでも検証したようですが、そちらでもレジスタンストレーニングを行ったグループの方が筋力が向上したそうです。

 

一方、ハンドグリップの練習を行った方は有意に筋力が向上しなかったようです。

握力を鍛えるのは難しいのかもしれません。

 

●臨床場面でのモチベーション向上に使える

この研究からはレジスタンストレーニングが高齢者の筋力を向上させたとなりました。

実際の臨床場面では高齢者の筋力増強について懐疑的になる場面はありませんか?

 

「もう歳だから…」

こんな言葉はよく聞かれます。

しかし、研究結果から高齢者でもある程度の負荷をかければ、筋力が上がることが示唆されています。

 

75歳や80歳から力をつけるのは難しいです。

しかし、あきらめなくてもいいかもしれません。

 

こうしたデータもあることを伝えながら、患者さんや利用者さんのモチベーション向上につながるかもしれません。

モチベーションはリハビリ効果を出すために非常に重要です。

 

これからも高齢者が増える時代は続きます。

効果が出せるリハビリにできるように内容や伝え方にも注意していきましょう。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

【リハビリ】日本で働くリハ職も知っておきたい日本とフランスのリハビリ制度の違いとは

こんにちは。

 

皆さんはどこで仕事につかれているでしょうか?

都道府県はバラバラでも、この記事を読んでいる方は日本で仕事している方がほとんどだと思います。

今回は外国に目を向けてリハビリの話をしていきたいと思います。

 

●フランスのリハビリ

Arc De Triomphe, Paris, Landmark, Famous, France

フランスのリハビリは「在宅入院」という制度と密に関わっています。

 

日本の転院などをせず、どれくらい病院に入院したかという在院日数は1988年が31.8日、2010年が18.8日となっています。

日本でもかなり短くなってきていますが、フランスでは1988年で10.8日、2010年で7.3日とかなり短くなっています。

 

股関節の手術では1週間で退院することもあるようで、日本と比べると早くなっていました。

そこで注目したいのが「在宅入院」です。

 

●在宅入院

Mattress, Bed, Pillow, Sleep, Relax, Relaxation, Rest

在宅入院とは在宅医療と訪問看護をあわせたもので「Hospitalisation a Domicile(HAD)」と呼んでいます。

これは在宅にいながら24時間病院に入院しているのと同じ治療や看護ケアが家で受けられるもの。

すぐに対応するためにHADの事業所は病院のナースステーション同様、消毒された治療材料や薬剤、注射薬、さまざまな処置に必要な道具がそろっています。

 

ここが日本と大きく異なり、HADの期間が平均して約13日ありました。

つまり、病院の入院期間と在宅での入院期間を合わせると約20日ということになり、日本の入院期間とほぼ同じになってきます。

 

●セラピストに開業権も!?

white hospital bed near white wall

フランスではセラピストに開業権があります。

日本では自費リハビリや訪問看護ステーションでない限り、セラピストが開業することは難しいですが、フランスではあるようです。

 

開業できることも在宅でリハビリを行うことが増えている一因になっているのかもしれません。

 

このような制度の結果、日本が訪問リハビリ部門で働く理学療法士の割合が10%に満たないのに対し、フランスでは80%もの理学療法士が在宅部門で働いています。

驚異的な数字の違いですね。

言語聴覚士も同じような割合で在宅部門が多いそうです。

 

一方で作業療法士は在宅部門はわずか6%しか在宅部門はいません。これは保険適応の範囲が狭いからだそうです。

作業療法理学療法や言語療法と比べ、内容が分かりにくい分、中々適応にならないのかもしれません。

 

人数としても数年前は理学療法士75000人、言語聴覚士21000人規模だった時に作業療法士は8000人程度しかいなかったそうなので、人数の少なさも影響しているかもしれません。

 

日本は在宅に関しては訪問看護ステーションの締め付けが厳しくなっており、むしろ療法士が働きにくい方向へ向かっているかもしれません。

 

いかがだったでしょうか?

日本と外国のリハビリ制度は大きく異なることがあります。

同じような医療体制は難しいとしても、在宅で働きやすい、または開業できて自分で働いていける道が少しでも拡充されていくことを願います。 

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。。

【文献】スクワットの姿勢と膝への負担について

こんにちは。

 

私たちが手軽に行う運動、スクワット。

姿勢には気をつけていると思いますが、膝への負担はどうなると増減するかご存知でしょうか?

今回は膝への負担に注目した文献をご紹介します。

 

●文献

今回ご紹介するのは「How to squat? Effects of various stance widths, foot placement angles and level of experience on knee, hip and trunk motion and loading(スクワットのやり方 様々なスタンス幅、足の置く角度、経験レベルが膝、股関節、体幹の動きと負荷に及ぼす影響)」という文献。

 

スクワット時のスタンス幅の狭さや足部ポジション角度などを評価しながら膝や臀部への負荷量を見ています。

足部のポジションは3種類で0°、21°、42°と分かれており、角度が大きいほど、足部が外を向いていることを現します。

スタンス幅は肩幅、肩幅より狭いナロースタンス、肩幅より広いワイドスタンスの3種類で評価しています。

 

スクワット初心者と経験者が3種類×3種類の9種類でスクワットを行い、膝への負荷などを3Dモーションキャプチャシステムなどで記録し、結果を出しました。

 

●結果

スクワットのスタンスは適切ですか?決め方と間違ったフォーム【ナロー・ワイド】 - YouTube

出典:https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=OLMf6g2q1lM

膝への負担が大きかったのはこの2つ
スタンス幅が狭く足部が大きく外向き(ナロースタンスで42°)
スタンス幅が広く足部がまっすぐ(ワイドスタンスで0°)

 

実際に体験してみると、膝への負荷を多く感じます。
高齢者にスクワットを行う際は、間をとってスタンス幅は肩幅で足部は20~30度ぐらい外向きが良いかもしれません。

 

●スクワットにも種類がある

ネットでスクワットを検索してみるといくつか種類があります。

①ノーマルスクワット(一番良く行う姿勢)

②ワイドスタンススクワット(肩幅より広くとって足部を外に向ける)

ブルガリアンスクワット(片足を椅子に乗せて)

④バーベルスクワット(バーベルを持って)

 

鍛えられる場所も異なり、バーベルスクワットのような高負荷であれば、下半身全体。

ワイドスタンススクワットであれば、内転筋などが主に鍛えられます。

 

また、姿勢によって体幹への負荷も変わるため、上半身の動きにも注意していきましょう。

 

いかがだったでしょうか?

高齢者になると膝の痛みが出やすい人が増えます。

運動したのに痛みが出たという結果にならないように参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

【お金】リハビリ職員でもお金を増やすための3つの考え方

こんにちは。

 

リハビリ職で将来やお金で悩んでいる人は多いです。

老後の資金が貯まるのか不安を抱えながらの仕事は辛いですよね。

今回は爆発的に資産が増えるわけではないですが、確実にお金を増やし、悩みが減るようにするのはどうしていくのがよいか、3つの方法を取り上げていきます。 

 

●50/30/20ルール

日本ではお金の管理をする時によく家計簿が利用されます。

最近はマネーフォワードMEなどで手間なしの家計簿をつけることが増えた方も多いのではないでしょうか?

 

一方、アメリカなどでは「50/30/20ルール」というものが存在し、このルールに準じて家計をコントロールしていることがあるようです。

このルールというのは手取り収入のうち

・50%:必要なもの(家賃や光熱費、食費など)

・30%:ほしいもの(娯楽など)

・20%:貯蓄(貯金、投資、借金の返済)

この数字に準じて振り分けるというものです。

 

例えば、手取り20万なら10万円を家賃を含めた生活必需品、6万を外食や娯楽費、4万円を貯蓄へ回します。

ここで、必要なものが50%でおさまらない場合は30%のほしいものから捻出します。

注意すべきは20%の貯蓄は必ずキープするということですね。

もちろん、20%から30%に引き上げるのは大丈夫ですが、20%は下回らせないことが大切です。

 

実際にやってみるとけっこうハードかもしれません。

そこで次に別のルールを見ていきましょう。

 

●バビロンの大富豪の法則


 

バビロンの大富豪は20世紀初頭にアメリカで出版された本で、かつて繁栄を誇った都「バビロン」の歴史や都に伝わる「お金の知恵」を知ることができます。

本質的な部分が普遍的であるため、現代まで読み継がれてきました。

 

その中で言われていることの一つが「収入の10分の1は、使わずに蓄えよ

つまり、手取りの10%は確実に貯蓄に回せということです。

シンプルですが、これが達成できればお金は増えていきます。

 

本当にシンプルなのですが、実際にやってみると難しさに気付くかもしれません。

 

厚切りジェイソンさん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェイソン流お金の稼ぎ方 [ 厚切りジェイソン ]
価格:1,540円(税込、送料無料) (2024/1/21時点)


 

 

日本ではお笑い芸人としてブレイクした厚切りジェイソン氏。

ここ数年はFIRE(Financial Independence, Retire Early)、つまり「経済的自立と早期リタイア」を達成した人として注目を集めています。

2021年末に書籍を発売すると、書籍が好評で2023年末に新刊が登場しました!

 

厚切りジェイソン氏は先にあげた2つのルールとは異なるルールでFIREを達成しました。

それが支出を最小限にし、3ヶ月分の生活費以外を米国株に投資するというもの。

例えば、

・自販機やコンビニでなるべくペットボトル飲料は買わない

・より安いスーパーで大量買い

・洋服は基本買わないorおさがり

・外食はチェーン店

・電車代を払わないために散歩で目的地まで行く

これらのことを今も実践しているようです。

 

極端な「節約」に聞こえますが、ジェイソン氏や奥さんはこれらのことを苦にしておらず、自分たちの決めたルールで「倹約」しています。

人気youtuberの両学長の言葉を借りるなら

節約:ただひたすらに、1円でも支出を下げる
倹約:満足度はキープしつつ、支出を下げる

まさに厚切りジェイソン氏は「倹約」が大好きで、更に投資を行うことで複利の力を最大限活かしてFIREを達成したようです。

 

皆さんはどの方法なら実現できそうですか?

自分なりのルールでしっかりやっていきたいですね。

2024年から始まった新NISAもうまく活用していきましょう。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。