作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。不定期週2回12時更新。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【消防団】部員全員退団から見える消防団の闇

こんにちは。

 

地域防災のための消防団

それが全員一気に退団してしまう事案がおきました。

初期消火や行方不明者の捜索のために必要な組織が全員抜けるという事態から消防団の問題点を考えます。

 

●玉造支団第5分団第2部退団騒動

全員が退団した羽生消防団の消防機庫=行方市羽生

出典:https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16682494290700

今回話題となったのは茨城県行方市消防団玉造支団第5分団第2部(羽生消防団)の団員22名が一斉に退団したこと。

2022年11月現在、この部には一人の在籍者もいなくなってしまったということです。

 

2022年7月20日に部の22人全員が退団届を提出し、市などはその後も約3カ月にわたり、謝罪や慰留を行ったそうですが、最終的に10月17日付で全員退団となりました。

 

部の全員が一斉に退団という前代未聞の事態ですが、どのような経緯があったのでしょうか?

 

●経緯

まずことの発端は5月の新人訓練。

この時に羽生消防団が穴の開いたホースで参加していたそうです。

このことはもちろん問題視され、注意喚起がなされました。

 

その後、9月24日に予定していた市消防団操法競技大会の順番決めでトラブルは起こります。

大会は抽選で競技順を決めるのが慣例で、羽生消防団は6月の抽選で5番目となっていました。

しかし7月に27番目の消防団と順番が勝手に入れ替わっていたそうです。

 

団長によると「変更は注意喚起・指導の意味合いだったと理解している」と話しました。

これに羽生消防団は分団長より上の立場の人に説明を求めようとしましたが、満足のいく対応がなされず、「これ以外の方法がなかった。苦渋の決断だった」として退団届を出すに至りました。

 

●地域との関係は?

消防団の消滅は有事の際にすぐに対応できる地元の方の消失を意味します。

羽生地区の70代男性は「地区には氾濫しやすい場所があり、消防団が見回ってくれていた。他の消防団がカバーすると言っても土地勘の問題もある」と不安を口にしていたそうです。

実際に消防団がいなくなるのは地区としても認めないという地域があると思います。

我々の地域も全員退団となると地区の区長たちと話し合うなど段階を踏んでやっていかないといけません。

 

しかし、今回は早期に退団の流れとなりました。

もしかすると、もともと地域の方も代々受け継がれてきた消防団のやり方に不満がり、一定の理解を示してもらえたのかもしれません?

 

●こうでもしないと変わらない

今回、羽生消防団がおかしたホースに穴が開いていたミスは許容はできません。

実際に火災現場でそのようなことがあってはならないので、ミスがあったのであれば、交換するなど対応はとるべきです。

交換対応を新人大会以降していなかったのであれば、羽生消防団の動きにも大きな問題はあります。

しかし、操法大会など放水する訓練でこうしたミスをする班は実際にあり、あるあるなミスです。

 

注意喚起をした幹部を否定はしません。

しかし、やり方は間違えたと思います。

なぜ、順番変更という陰湿なやり方で注意喚起をしたのか、その判断には納得できません

 

退団した元消防団員は「家族や自分の時間を犠牲にして地域貢献のため活動してきた。間違いを間違いと言えない環境は疑問。何も結果が出ないまま、退団届が受理されてしまったことは非常に残念」と語りました。

 

皆さんはこの数か月のやり取りで消防団全員退団が起こったと感じるでしょうか?

本当は代々根付いているもっと深い消防団の闇を感じてなりません。

 

消防団を持続させるには必要なものは残し、不要な伝統を変えていく改革が必須なのかもしれませんね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

 

【健康】AmazonCareまさかの撤退へ

こんにちは。

 

ネット通販でおなじみのAmazon

そのAmazonが参入していた医療部門であるAmazonCareが近々終了となります。

以前にも取り上げたこの部門ですが、なぜ終了となってしまったのでしょうか?

 

Amazonの事業おさらい

Amazonと聞くと日本で特に普及している、ネットショッピングとアマゾンプライムkindle fireを思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、Amazonの事業は多岐に渡り、美術品の販売、クラウドサービス、Amazonチケットなど様々な分野があります。

 

その中のひとつの事業がAmazon Careでした。

 

Amazon Careとは

Amazon Care - Google Play のアプリ

出典:Amazon Care - Google Play のアプリ

AmazonCareとは専用のアプリを使って、看護師や医師に直接オンラインで医療相談を受けられる遠隔ヘルスケア

 

2019年からAmazon内では運用が始まりましたが、新たに法人契約をした他の会社の社員向けサービスとして2021年夏から運用が始まり、必要に応じて対面治療も段階的に導入するとしていました。

詳しくは過去記事をご覧ください。

rihaot.hatenablog.com

 

そんな次世代サービスのAmazonCareですが、なぜ撤退となったのでしょうか?

 

●撤退理由

砂地を歩く人

AmazonCare部門の幹部は「加入者はAmazon Careの多くの側面を気に入ってくれているが、われわれがターゲットとしてきた大企業顧客向けとしては、Amazon Careは十分に完全なサービスではなく、長期的には機能しない」と社内メールを送り、今回の撤退理由を説明しました。

 

今まで契約した会社の中には米ホテル大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスや米半導体メーカーのシリコン・ラボラトリーズ、米人材派遣会社のトゥルーブルーなどがあります。

 

大企業とも順調に契約してきた部門でしたが、うまく機能はしなかったようです。

 

2022年年末で終了してしまうAmazonCareですが、これでAmazonのヘルスケア部門は終わりではありません

 

Amazon2022年7月、米国で診療サービスを手がける米ワン・メディカルを、総額約39億ドルで買収しました。

ワン・メディカルは初期診療を対面やオンラインで受けられるサービスを提供しており、既に8500社と契約しているようです。

 

アメリカには数多くのライバル企業もあるということですが、Amazonはまだまだヘルスケア部門に力を入れていきそうですね。

いつか日本にもネットショッピングやプライムビデオのような映像部門だけでない、違うAmazonの形が誕生するかもしれません。

 

他にも色々な企業の同じような動きにも注意していきましょう。

リモートでのリハビリについてはこちら

rihaot.hatenablog.com

 

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

【感染】一ヶ月リハビリをしないと?

こんにちは。

 

現在、コロナウイルスに感染しても隔離期間は短くなりました。

しかし、以前は隔離期間が長く、現在でも病院や施設でクラスターが行った場合に隔離期間が長くなるケースがあります。

自力で動けない方が一か月ほどリハビリをできなかった時に、どのような弊害があったのか、コロナウイルスが流行し始めた頃を振り返りもう一度見ていきます。

 

●筋力低下


多くの動けない方は著しい筋力低下が生じました。

手足や体幹の筋肉が細くなり、中断前は立てていた人が立てなくなる、座れていた人が座れなくなる。

 

かなりの患者さんがこうしたケースに陥りました。
喉の筋肉も萎縮し、嚥下が悪くなる方もおり、、誤嚥性肺炎の危険が出てきたので、食形態を変更していった方もいます。

 

通常、脳梗塞や骨折、肺炎などで病院に入院しても1ヶ月も何もしない、できないということはありません。

動かないことはいかにリスクの高いことなのか身をもって知りました。

 

 ●関節拘縮

1ヶ月リハビリできないと、今まで味わったことがないほどの関節拘縮を味わいました。

筋緊張が高いケースや徐々に拘縮が進行し、制限が強くなるケースともまた違う固さです。

 

また、動ける方であっても隔離期間に肩が上がらない、掴んだものをスムーズに離せなくなるなどの影響が出ており、動けない方~動ける方まで一定の影響がありました。

下肢でも用いる装具がはめることができないことも見られています。

これは足関節が硬くなるだけでなく、股関節や体幹も硬くなることでよりはめにくさが増強しました。

歩くときに体重がかけにくかったり、体重をかけると痛みが生じやすかったりもしています。

 

●起立性低血圧


通常でも臥床期間が長引けば、起立性低血圧は起こります。

特に1ヶ月空いた方々は出現するケースが増加しました。

自分で動けるような方でも再開後、一週間程度は起こりやすかったこともあります。

 

●他の影響は?


1ヶ月リハビリ期間が空いた時、認知機能への影響は身体への影響と比べると思っていたより影響が少なかったです。
これはおそらく看護師さんたちが会話やケアを行ったり、決まった時間帯にご飯が出てくるので生活リズムが整いやすかったからではないかと思います。

もしかすると、おむつ交換時などに会話だけでなく、少し関節を動かせてもらえれば関節拘縮の影響も少なかったかもしれません。

 

また、体動の激しい患者さんほど筋力低下などの廃用が少ない傾向にありました。

体動が激しいとベッド上で怪我をしたり、ベッドから落ちる危険性もあるので問題視されやすいですが、中断している状況では自分で動いてもらえることが効果的だったようです。

 

いかがだったでしょうか?

現在はコロナウイルスクラスターが起こっても病棟でのリハビリや短い隔離期間で復帰できることも増えました。

ですが、こうしたコロナウイルス流行初期の時に動けなかったらどのようなことが行っていたのかを忘れず、行動していきたいですね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

【訪問リハビリ】目標と現実の介入の違い

こんにちは。

 

訪問リハビリは自宅で目標を決めて行うリハビリです。

生活の中で課題を見つけたり、やりたいことができるように支援していきますが、実際に目標と介入内容が乖離してしまうことも少なくありません。

病院では身体をほぐしたり、運動したりということがイメージとして強いリハビリ。

今回は訪問リハビリがどう求められているのかと現状について取り上げます。

 

●国の方針

f:id:rihaot:20210105155731p:plain

国が例として挙げている訪問リハビリのイメージは図のようになります。

立つ・座るといった心身機能への支援はもちろん、食事や排泄といった身の回りの動作、家事動作への支援も期待されています。

更にそこから仕事や地域の集まりといった社会参加についてもアプローチしていかないといけない部分。

 

では、実際に我々はその部分を目標に立てられているのでしょうか?

 

●目標設定

f:id:rihaot:20210105160017p:plain

現実のケアプランなどに上がってくる目標はこの様になっています。

社会参加を目標にということでしたが、実際は青の部分の心身機能に関わる目標が72.5%と圧倒的に多いです。

実際に現場で働かれている方もこの目標設定はよくあるのではないでしょうか?

こうした部分からPT、OTの垣根が分かりにくくもなっています。

 

緑の部分の社会参加目標は2.3%しかありません。

現実には中々、国の求める部分と利用者さんが求める部分が異なっています。

病気や怪我をした身体でなんとかするという考えよりも、良くならないとできないという考えも根強いのではないでしょうか。

 

では、続いて実際の支援内容を確認します。

 

●支援内容

f:id:rihaot:20210105160209p:plain

やはりここでも多いのは心身機能に関する身体をほぐしたり、筋トレです。

もちろん、目標達成のために必要な部分でもあると思います。

しかし、病院で初期から行っていた運動がリハビリとして認知されるので、訪問になっても社会参加まで踏み出せず、身体の運動で終わってしまうことが少なくありません。

 

実際に身体をほぐさないと「なんでリハビリしてくれないの?」と言われることも経験しました。

一度ついたイメージを覆すことは難しいです。

病院から自分主体でリハビリを行うことを身に着けてもらいながら在宅に帰ってもらうことが一番シームレスに社会参加に向けた目標をたてるコツなのかもしれません。

 

いかがだったでしょうか?

我々が立てたい目標とケアマネさんや利用者さんの目標が異なるケースも多い訪問の現場。

うまくすり合わせながらその方がより良い人生を送れるように支援をしていきたいですね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

訪問車トラブル

こんにちは。

 

先日、新潟の病院で訪問看護に使われていた車のトラブルが話題になりました。

そこで今回は実際に現場でもありうる訪問車トラブルについて取り上げます。

 

●車検切れ

出典:新潟県立津川病院

今回話題となったのは新潟県立津川病院の公用車が車検切れで8日間運行されていたこと。
訪問看護で利用されたという事で、担当看護師2名は車検切れに気付いていなかったようです。

 

8日間の運行後、車の管理部門が車検切れに気付き、即座に対応したそうですが、万が一、対応が遅れていたらどうなっていたでしょうか?

 

●車検切れで運行したら?

車検が切れている車を公道で走行させた場合は道路運送車両法違反となり、違反点数6点と6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金、30日間の免許停止処分の罰則が科せられます。

自分が気づかなかったとしても走らせたのは自分ですから、仕事に行って大変なことになるかもしれません。

 

また、車検だけでなく自賠責保険も切れている場合は処分が重くなり、処分内容は違反点数6点と90日間の免許停止、1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金となります。

かなり重たい処分ですよね。

自分の身を守るために車検の日付は確認しておいた方がよさそうです。

 

では、他に訪問の車で起こりうるトラブルとはなんでしょうか?

 

●オイル交換せず故障

エンジンオイルはエンジン回りの潤滑、密封、冷却、洗浄、防錆といった作用があります。

一般的に5000キロでの交換が必要なエンジンオイルは交換せずにいると燃費の低下を招きます。

 

その程度であればよいのですが、更に放っておくと、エンジンの調子が悪くなる、エンジン内部の部品が摩耗するといった場合があり、故障の原因になります。

最悪の場合、エンジンが焼き付き車が動かなくなるので、こうなる前に必ず交換時期を確認して対応していきましょう。

 

現にエンジンオイル交換をせずに車が故障した訪問看護ステーションはいくつか存在しています。

 

●駐禁でレッカー

訪問看護で路駐をした結果、車がレッカーされてしまい、動けないという場合があります。

もし、レッカーされたらすぐに取りにいかないといけないので、事業主や管理者と相談して誰かが取りに行きましょう

 

特に注意すべき場所は消火栓の横やトンネル内、交差点のそばやバス停、交通量が多い場所です。

こうした場所に停めるのは避けて、トラブルを回避していきたいですね。

 

いかがだったでしょうか?

皆さんの考える車トラブルもよかったらコメントに残していってください。

トラブルなく、仕事をしていきたいですね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。