作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。不定期週2回12時更新。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【健康】75歳以上の方に筋トレは効果があるのか?

こんにちは。


医療関係で仕事をしていると高齢者と関わることが多く、75歳以上の後期高齢者も珍しくありません。

その中でリハビリでは「こんな歳からやって力がつくの?」など筋トレについて疑問を投げかけられる場面を何度も経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

その時に困った経験のある方、迷いながら答えている方は今日の内容を参考にしてもらえればと思います。

 

後期高齢者の筋トレ結論

運動方法によっては効果あり

これが結論です。

 

では、この結論までの詳細を見ていきます。

 

●文献

今回ご紹介するのは「Effects of Resistance Training on Muscle Size and Strength in Very Elderly Adults: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials(超高齢者における筋力トレーニングの筋サイズおよび筋力への効果。無作為化対照試験の系統的レビューとメタアナリシス)」です。

この研究は75歳以上の超高齢者におけるレジスタンストレーニングの筋サイズおよび筋力に対する効果を検討することを目的に書かれています。

 

では、詳細を見ていきましょう。

 

●方法と結果

過去の研究の中から超高齢者におけるレジスタンストレーニング(抵抗運動)後の筋力、ハンドグリップ後の筋力に対する効果を検証しています。

 

結果、75歳以上のグループにおいて、レジスタンストレーニングを行ったグループの方が筋力の向上を認めました。

また、80代以上のグループでも検証したようですが、そちらでもレジスタンストレーニングを行ったグループの方が筋力が向上したそうです。

80代以上でも上がるのは驚きですよね。

 

一方、ハンドグリップの練習を行った方は有意に筋力が向上しなかったようです。

握力を鍛えるのは難しいのかもしれません。

 

●臨床場面でのモチベーション向上に使える

この研究からはレジスタンストレーニングが高齢者の筋力を向上させたとなりました。

実際の臨床場面では高齢者の筋力増強について懐疑的になる場面はありませんか?

 

「もう歳だから…」

こんな言葉はよく聞かれます。

しかし、研究結果から高齢者でもある程度の負荷をかければ、筋力が上がることが示唆されています。

 

75歳や80歳から力をつけるのは難しいです。

しかし、あきらめなくてもいいかもしれません。

 

こうしたデータもあることを伝えながら、患者さんや利用者さんのモチベーション向上につながるかもしれません。

モチベーションはリハビリ効果を出すために非常に重要です。

 

ぜひ、こうした研究も利用しながらうまく臨床に取り入れたいですね。

 

ではでは。

【お金】リハビリ職員でも貯蓄が貯まるルールとは

こんにちは。

 

先日は危険な副業について取り上げました。

こうした危険なものに手を出してしまうのもお金の悩みがあるからですよね。

今回は爆発的に資産が増えるわけではないですが、確実にお金を増やし、悩みが減るようにするのはどうしていくのがよいか、3つの方法を取り上げていきます。 

 

●50/30/20ルール

日本ではお金の管理をする時によく家計簿が利用されます。

最近はマネーフォワードMEなどで手間なしの家計簿をつけることが増えた方も多いのではないでしょうか?

 

一方、アメリカなどでは「50/30/20ルール」というものが存在し、このルールに準じて家計をコントロールしていることがあるようです。

このルールというのは手取り収入のうち

・50%:必要なもの(家賃や光熱費、食費など)

・30%:ほしいもの(娯楽など)

・20%:貯蓄(貯金、投資、借金の返済)

この数字に準じて振り分けるというものです。

 

例えば、手取り20万なら10万円を家賃を含めた生活必需品、6万を外食や娯楽費、4万円を貯蓄へ回します。

ここで、必要なものが50%でおさまらない場合は30%のほしいものから捻出します。

注意すべきは20%の貯蓄は必ずキープするということですね。

もちろん、20%から30%に引き上げるのは大丈夫ですが、20%は下回らせないことが大切です。

 

実際にやってみるとけっこうハードかもしれません。

そこで次に別のルールを見ていきましょう。

 

●バビロンの大富豪の法則


 

バビロンの大富豪は20世紀初頭にアメリカで出版された本で、かつて繁栄を誇った都「バビロン」の歴史や都に伝わる「お金の知恵」を知ることができます。

本質的な部分が普遍的であるため、現代まで読み継がれてきました。

 

その中で言われていることの一つが「収入の10分の1は、使わずに蓄えよ

つまり、手取りの10%は確実に貯蓄に回せということです。

シンプルですが、これが達成できればお金は増えていきます。

 

本当にシンプルなのですが、実際にやってみると難しさに気付くかもしれません。

 

厚切りジェイソン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェイソン流 お金の増やし方 [ 厚切りジェイソン ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/15時点)

楽天で購入

 

 

日本ではお笑い芸人としてブレイクした厚切りジェイソン氏。

ここ数年はFIRE(Financial Independence, Retire Early)、つまり「経済的自立と早期リタイア」を達成した人として注目を集めています。

 

厚切りジェイソン氏は先にあげた2つのルールとは異なるルールでFIREを達成しました。

それが支出を最小限にし、3ヶ月分の生活費以外を米国株に投資するというもの。

例えば、

・自販機やコンビニでなるべくペットボトル飲料は買わない

・より安いスーパーで大量買い

・洋服は基本買わないorおさがり

・外食はチェーン店

・電車代を払わないために散歩で目的地まで行く

これらのことを今も実践しているようです。

 

極端な「節約」に聞こえますが、ジェイソン氏や奥さんはこれらのことを苦にしておらず、自分たちの決めたルールで「倹約」しています。

人気youtuberの両学長の言葉を借りるなら

節約:ただひたすらに、1円でも支出を下げる
倹約:満足度はキープしつつ、支出を下げる

まさに厚切りジェイソン氏は「倹約」が大好きで、更に投資を行うことで複利の力を最大限活かしてFIREを達成したようですね。

 

皆さんはどの方法なら実現できそうですか?

自分なりのルールでしっかりやっていきたいですね。

 

ではでは。

【お金】リハビリ職も手を出すべきでない危険な副業

こんにちは。

 

仕事をしているとお金の悩みは尽きない人が多いですよね。

私も含め、周囲にも悩みを抱えている人を見かけます。

最近は副業解禁の流れですが、手を出してしまうと大変なことになってしまうものも。

今回は危険な副業について取り上げます。

 

ネットワークビジネス

気をつけて!それってマルチ商法かも!/京都府ホームページ

出典:気をつけて!それってマルチ商法かも!/京都府ホームページ

通称マルチ商法と呼ばれるネットワークビジネス(連鎖販売取引)がまずは気を付けるべきものです。

マルチ商法は勧誘により、ごく一部の上位の人間が儲かるシステム。

 

下になればなるほど、初期投資のお金の回収が難しくなり、借金が残ります

また、友達を勧誘すると「怪しいやつ」と思われて離れていったり、購入させた友人との友情が壊れる確率が極めて高くなっています。

 

●楽して稼げる系

「毎日スマホをポチポチするだけで月数万円の収入!100万円も可能!」

このような感じで毎日単純作業を行うだけで大きなお金がもらえるのも危険性が高いものです。

 

例えば、ポチポチでは全くお金が貯まらず、高額な収入のためにはラインなどへの登録を促されます

そして、登録すると送られてくるのは高額な情報商材で、後々それをもちいれば稼げるとうたわれるもの

 

もちろんそれでは稼ぐことができず、結局稼ぐどころか、高額の情報商材が残るだけというケースがあるので注意が必要です。

 

●「絶対稼げる」情報商材

絶対稼げる

このうたい文句にも注意しないといけません。

 

世の中はリスクとリターンが表裏一体です。

例えば、銀行預金は1000万まで元本保証ですが、預金の金利は雀の涙です。

つまり、ローリスク・ローリターン。

 

一方、ビットコインなど仮想通貨やレバレッジ取引(お金を借りて取引)は大化けする可能性があります。

しかし、商品が値下がりすれば、大きな損益を被り、借金を抱えることもあります。

つまり、ハイリスク・ハイリターン。

 

これが世の中の摂理です。

今人気のつみたてNISAも100%儲かる手法ではありません。

確実性は高いものはあっても、資産が倍になるなど100%大きく儲かって元本も保証されるというものはないんですね。

 

では最後に、だまされないための心構えについて見ていきます。

 

●手を出してしまう前に考えるべきこと

「なぜその人はその儲かる情報を教えてくれるのか?」

「その情報をこちらに伝えてその人にとってなんのメリットがあるのか?」

 この2点について考えておく必要があります。

 

もしあなたが本当に何も考えず1日スマホをポチポチで月数万儲かる商売をしていたら人に教えますか?

教えることで競合他者が増え、稼ぎにくくなるかもしれません。

そうなった場合に人に教えるメリットはありますか?

まして身内でも友人でもない赤の他人にです。

 

こう考えると本当の神様のような善人はほぼ皆無で、怪しい副業を紹介している人は紹介することで自分になにかメリットがある人が大半だと言えます。 

 

自分の身を守れるのは自分自身であり、他人は守ってくれません。

リハビリは高給取りではないことが多いのでしっかりと守りを固めて変なことに巻き込まれないようにしていきましょう。

 

ちゃんとした副業はこちら

rihaot.hatenablog.com

 

 

rihaot.hatenablog.com

 

 

ではでは。

介護支援専門員が国家資格に!?~どう変わる?~

こんにちは。

 

介護支援専門員(通称:ケアマネージャー、ケアマネ、CM)は医療・介護の現場では身近な存在です。

そんな介護支援専門員ですが、実は2003年時点で国家資格に含めるとした話が閣議決定していたことが最近判明しました。

そこで今回は介護支援専門員とはどんなものなのか、国家資格となればどう変わるのか取り上げます。

 

●介護支援専門員とは

介護支援専門員は介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行う専門職です。

主に居宅介護支援事業所や、特別養護老人ホームなどの施設、地域包括支援センターに勤務しています。

 

利用者の状況を把握し、何のサービスが必要なのか考え、ケアプランの作成や費用の管理を行い、利用者とサービス事業者の間の調整役として動いてくれています。

 

●介護支援専門員の受験資格

2018年から現在の受験資格はこちら

1.国家資格等に基づく業務経験5年以上(900日以上)

医師や看護師、理学療法士介護福祉士、管理栄養士など国家資格を保有かつ、各資格の業務に5年間従事した者。

2.相談援助業務経験5年以上(900日以上)

下記の相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上であり、かつ当該業務に従事した日数が900日以上であること。

生活相談員ソーシャルワーカー
・支援相談員
・相談支援専門員
・主任相談支援員

 

2017年まではホームヘルパー2級を持って5年以上(900日以上)実務経験がある方や、無資格でも10年以上実務経験があれば受験資格がありましたが、現在は撤廃となっています。

では、もし介護支援専門員が国家資格となればどのように変わるのでしょうか?

 

●国家資格になると変わることは?

①受験資格の変更

 

今までは他の資格を有してから実務経験を積んでから初めて受験ができるというシステムでした。

ですが、国家資格となると医師や看護師、リハビリの様に学業や実習を通じて直接受験が可能になるかもしれません。

 

ただ、別資格から移行できたのが、直接受験のみにしてしまうと成り手が減ってしまう可能性があるため、うまく需要と供給のバランス調整が必要になると思います。

 

名称独占資格や設置義務資格の追加

国家資格となれば、理学療法士作業療法士の様に名称独占となります。

また、「特定の事業を行う際に法律で配置が義務づけられている国家資格」という設置義務資格に該当してくることが多くあるかも知れません。

医師や看護師など病院、施設、訪問看護ステーションなどでも特に必要な職種の一部となれば、今後需要は高まってくる可能性があります。

 

●リハビリ→介護支援専門員はあり?

国家資格になるのであれば、待遇は変わる可能性があります。

高齢化が進む社会の中で希少性が変われば、収入なども変わる可能性があり、転職先として考えやすい状況は生まれるかもしれません。

現在の制度ではこちら

rihaot.hatenablog.com

 

待遇改善が行われるとリハビリ→ケアマネの流れが出てくるかもしれませんね。

 

ではでは。

【お金】作業療法士の年収

こんにちは。

 

リハビリの皆さんは自分の年収についてどう感じますか?

私の周囲では不満を感じている人が多いです。

そこで今回は作業療法士の年収とはいくらが相場なのか取り上げていきます。

 

作業療法士の年収

f:id:rihaot:20211012232315p:plain

気になる平均年収はこちら

・20代:男性…360.5万円、女性…355万円

・30代:男性…449.5万円、女性…412.5万円

・40代:男性…486万円、女性…463.5万円

・50代:男性…595万円、女性…499.5万円

(マイナビ調べ、平成28年度)

 

皆さんのお給料はどうでしょうか?

私の職場の印象からすると30代以降はデータの数字が実際より高い印象があります。

 

例えば、20代男性と30代男性の年収の開きは約90万。

10年でこれだけ上がろうとすると毎年、月給が7500円上がらないといけません。

リハビリ業界でこれだけ上げてくれる職場は少ないのではないでしょうか?

 

30代男性から40代男性の様に40万円近くの上昇であれば、毎年、月給が3000円上がれば届きます。

486万円貰えるかは別にして上昇ペースはこちらの方が現実的に感じますね。

残念な金額ではありますが…。

 

5~6年前のデータなので、当時の30代以降は養成校が少ない時代に作業療法士になった人や管理職を任されている方々が年収を引き上げているのかもしれませんね。

 

ただし、このデータはあくまで「平均」年収ということに注意が必要です。

平均年収は高い方がいると実際以上に高く見えます。

例えば、年収1000万が一人、年収400万が三人の職場であれば平均年収は2200÷4で550万となってしまうので、高給取りに左右されやすいデータでもあってしまうんですね。

中央値の方が現実的な数字にはなりそうです。

 

従業員数で見ると10人までと100~999人までの会社より1000人以上の方が平均年収は7~14万円多いそうです。

多い方が単位も取れ、上の人間が給料が高くなる傾向があるかもしれませんね。

一般的に中小企業より大企業の方が給料が高いという状況と似ています。

 

●年収は上がり続ける?

「全然話にならないとダメ出しする女性」の写真[モデル:土本寛子]

残念ながら必ず上がるとは限りません

リハビリには稼げる上限があるからです。

 

例えば病院では週に108単位(1単位は20分)までしかコストを算定できません。

この制約のせいでセラピストが稼げる限界は決まってしまっているんですね。

 

仮に毎年1000万弱稼げるとしてもそれがずっとであれば、いつか給料は頭打ちになります。

人を雇うのは社会保険料もかかり、コストもかかるので、ある程度でストップしてしまいますが、雇われながら給料を上げる対策は大きく2つあります。

 

●所得を上げるには

①管理職になる

マイナンバーの導入を促す管理職の写真

 1つは管理職になる方法です。

組織が稼いだ金額の何%を給料としてもらえるかというものがある企業があり、その場合、管理職は高めに想定されていることが多いです。

また、管理職になった時に職務手当のようなものも付くことが多いので、そちらでも給与アップが実現できるかもしれません。

 

②副業をする

もう1つは副業です。

民間企業では副業を解禁しているところが増え、国としてもダブルワークを推奨しています。

リハビリや医療の知識を活かした副業や全く畑違いでも自分の好きなことでやっていくのもいいですね。 

 

副業についてはこちら

rihaot.hatenablog.com

rihaot.hatenablog.com

 

いかがでしたか?

年収だけでいえば、他の職業に移った方が賢明かもしれません。

ですが、作業療法士にしかできないことはたくさんあると思います。

それに多くの人と出会えるので、その中で自分が成長できる部分も多々あると思います。

 

皆さんもやりがいやお金など様々なことを天秤にかけて決めていって下さい。 

 

ではでは。