作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。不定期週2回12時更新。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【リハビリ】コロナ過で変わった学会や勉強会~田舎のセラピストが感じること~

こんにちは。


新型コロナウイルスは世の中の様々なことを変化させました。

リハビリでは学会や勉強会のあり方も大きく変化しています。

今回はどのように変化したのか、メリットやデメリットについて取り上げます。 

 

●メリット

f:id:rihaot:20210921231358p:plain

①どこからでも参加できる

勉強会の多くは都市部で開催されます。

例えば、東京、愛知、大阪など都市部での開催は多いですが、どこかの県の田舎の方の市などでは交通の便が悪く、参加者も集まりにくいことから開催されることは少ないです。

そうすると移動に時間がかかります

 

私も勉強会のたびに1時間半~2時間はかかることがほとんどでした。

ですが、リモートでは自宅からも参加できます。

 

移動に時間がかからないため、隙間時間に参加できるなどできるようになったのは大きいですね。

 

②交通費がかからず、財布に優しい

田舎から都市部への交通費は大きいです。

勉強会代1万円強に5000円程度の交通費がかかり、1回当たり2万円近くかかることも少なくありませんでした。

 

一部勉強会でこの交通費がなくなったのは大きいです。

全体の出費のうちの3分の1~4分の1が減ったと思うと大きいですよね。

 

会場の使用代がなくなったことで勉強会代が減額になることもあるのでメリットは交通費だけにとどまらないこともあります。

 

③リアルタイムより多くの演題を聞ける

作業療法学会などの日程は現地開催では参加できる発表が限られます。

聞きたい演題が同じ時間になっているというのもあるあるですよね。

 

ですが、リモートであれば、後日、聞ける場合があります。

今までは泣く泣く断念するしかなかった演題を聞けるようになったのは大きなメリットです。

 

●デメリット

落ち込んで座り込む女性の写真

①旅行気分で参加できない

勉強会の醍醐味は遠方への移動にある時もあります。

ちょっとした旅行気分で参加もできていたんですよね。

 

私自身、遠方へ出かけてお土産を買ったり、おいしいものを食べました。

ですが、リモートではそれもできません。

 

日曜日に勉強兼旅行をできないのは少し寂しいですね。

 

②実技系研修が参加しにくい

県境をまたぐことが難しく、実技系研修が参加しにくくなりました。

リハビリの実技はどうしても身体接触を伴う距離で行うことが多いため、あまりコロナ過で参加しにくいことがあります。

他県の人と接することも多くあるので、職場から止められていた職場もあるのではないでしょうか。

 

③パソコンの前だと集中できない

実際に目の前で講義を聞くのと、パソコンの前では集中力が変わります。

もちろん、変わらない人もいますが、自宅でパソコンで受けるのと、目の前に講師の先生がいるのでは気分も変わる人も多くいるのではないでしょうか。

 

●メリット、デメリットどちらが大きい?

田舎の人間からするとメリットの方が大きいと個人的には感じています。

①交通費がかからず、移動に時間も取られない

②いつでも参加

③家庭持ちも参加しやすくなった

私が感じる大きなメリットはこれですね。

デメリットよりメリットの方が大きいです。

 

完全に世の中はコロナ前に戻りませんが、リモートと会場の勉強会それぞれに参加しやすい世の中になることを願っています。

 

ではでは。