作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【小児】自閉症スペクトラム障害(ASD)の特性と支援のポイント

こんにちは。

 

 以前、ADHDの特徴について取り上げました。

 

rihaot.hatenablog.com

今回は自閉症スペクトラムASD)の特性や支援について取り上げます。

 

ASDとは

 ASDとは自閉スペクトラム症を指します。

少し前で言えば、自閉症高機能自閉症アスペルガー症候群と呼ばれていたものです。

人との関わりやコミュニケーションなどの社会性の障害や、想像力の困難、過度のこだわりを示す障害です。

 

2013年よりAutism Spectrum DisorderとDSM5(アメリカの診断基準)で提唱されたことで使われ始めました。

 

●特性

6つ挙げます。 

①シングルフォーカス特性

複数の事柄を同時に意識して考える、あいまいな事柄を理解することが困難となります。

f:id:rihaot:20210722140745g:plain


②シングルレイヤー特性

言葉を文字通り受け取り、冗談が通じないこともあります。

 

③想像力の困難さ

「~できません」など、否定語表現では理解しにくいです。

 

④先の見通しを立てることが難しい

先を見通せず、ストレスや不安を感じやすいです。

 

⑤独特な考え方・理解

本人が意図せずに周囲を混乱させてしまうこともあります。

 

⑥共感よりシステム化重視

自らの意思決定基準を共感的なものより論理的なもので行います。

「何のためにするのか」が不明確なものに抵抗を示します。

 

 

●支援のポイント

Smiley, Emoticon, Anger, Angry, Anxiety, Emotions

①シングルフォーカス特性

×「お友達に優しく、意地悪しないでね。」 

〇「お友達にはおもちゃを貸してあげて(具体的で明確な答え)」

 

②シングルレイヤー特性

×「お風呂のお湯を見てきて(文字通り受け取り、お湯を止めない)」

〇「お風呂が半分たまったら止めて」

 

③想像力の困難さ

×「廊下は走らないように」

〇「廊下は歩きましょう(肯定表現)」

 

④先の見通しを立てることが難しい

・予定を表にする

・学習内容や量を事前に取り決めて行う

 

⑤独特な考え方・理解

・なぜそう思うのか確認する(大人とは別の思考をしている可能性がある)

 

⑥共感よりシステム化重視

例:小6の子が小3の問題を出されて怒っているとき

×「嫌がられたので小6の課題を行う」

〇「考えに共感しながら、小3の問題から取り組む必要性を説明し、課題を行ってもらう(共感だけでなく、論理的な視点から介入する)」

 

いかがだったでしょうか?

関わりの中で基本的な部分を書きましたが、教科書通りにはいかないことも多々あります。

大人も子どもも個性があって十人十色です。

ASDだからではなく、その子の個性をよく見ながら関わっていきたいですね。

 

ではでは。