作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【感染】お昼休みにもコロナウイルス対策を

こんにちは。

 

新型コロナウイルスの感染者数は減少傾向で緊急事態宣言の前倒し終了も検討されています。しかし、院内でクラスターが続いている病院もあり、病院で発生すると3ヶ月は続くとも言われています。

当院は幸いにも1ヶ月で落ち着きましたが、新規入院者はおり、依然余談を許しません。

 

今回は新たにクラスターが発生しない、自分を守る意味で昼休みに気をつけていきたいことを考えていきたいと思います。

 

 ①歯磨き時の注意点

・洗面所の蛇口(アウトレット)、持ち手(ハンドル)

 蛇口(アウトレット)や持ち手(ハンドル)に複数の人が触れて、そこからウイルスが感染することがあります。蛇口の側面に触れない、ハンドルを触る時はペーパーで触るなどの対策が大切ですね。実際に洗面所でクラスターが発生したと思われる事案も発生しています。触る際には注意していきましょう。

 

・歯磨き中の会話・移動

 普段はマスクなどで対策していても、歯磨き中は飛沫が飛びやすい環境になります。つい話してしまったり、磨きながらの移動でもウイルスをばらまく可能性があります。移動する際には歯ブラシをくわえていたとしても磨かないようにした方が周囲への影響は少ないです。

 

②トイレ

・便座

 感染者が使用した直後の便座にはウイルスが残ることもあるようです。使用前後でペーパーやクリーナーで拭くと感染リスクが低下します。

 

・手洗いのハンドル、トイレを流すハンドルやボタン

 こういった場所にもウイルスが残りやすいです。排泄前後でしっかりと手を洗うことを心掛けてもらうのはもちろんですが、ハンドルやボタンを触った手を洗うまでは顔など自分の体に触れないように心がけてもらえると良いです。

 

・ドアノブ

  ドアノブにもウイルスは残りやすいです。触る前に拭く、もしくは手洗い用のペーパータオルで持って開ける(その後ペーパータオルは破棄)ことを行うと効果的です。

 

③PC、携帯

  こういった製品には数日経ってもウイルスが残ることがあります。特にパソコンは職場で共用のものもあると思います。使用前にはアルコールのクリーナーで拭く、使用後は手洗いを行うなど注意していってください。

 

いかがだったでしょうか?もう知ってるよという情報もあったと思います。

しかし、新型コロナウイルスはまだワクチン接種が開始されたばかりで、まだまだ流行がやってくる可能性があります。感染者が減少し、暖かくもなってきたこの時期だからこそ対策を今一度心がけてください。

油断せずに、また出かけたい時に出かけ、会いたい人に会える日常が帰ってくるように皆さんで気を付けていきましょう!

 

ではでは。