作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【消防団】女性消防団員や学生消防団員は増やすべきか?

こんにちは。

 

`先日、福島県消防団員減少が取り上げられていました。

おそらく、どこも似たような状況の県が多いと思いますが、県内の消防団数が減少傾向の様です。2020年度は福井県で32516人団員がいるそうなのですが、前年と比べて548人減少しているようです。

また、条例では36282人を定数としているそうですが、充足率は88.4%に留まっています。県全体で前年より1.1%の低下だそうです。

 

原発事故で避難区域に設定された区域では充足率が52%しかないところもあるようで、深刻な人手不足に陥っています。

 

そんな中、団の人数を増やすために学生や女性に注目が集まっているようです。

そして、通常の団員ではなく、「機能別消防団員・機能別消防分団」としての活躍を期待しているようです。

 

機能別消防団員とは仕事や学業などで全ての活動に参加することが難しい人が所属する組織になります。火災予防・広報団員OB団員があり、福井県では1300人いるそうです。

例えば、火災予防・広報団員消防庁によると「予防団員として、住宅防火訪問・高齢者訪問や救命救助講習の実施を中心に活動したり、広報団員として、音楽隊などに入り、消防の諸行事や市主催のイベント等で消防団をPRする活動を行っています。」と明記されています。

現役団員ならわかると思いますが、式典で演奏している方々もここの所属になるようです。

   

 

機能別消防分団は災害時や特定の活動に参加できる人が所属する分団をいいます。消防庁ではバイク隊、水上バイク隊、女性消防分団、大規模災害のみ活動する分団に分けられます。

例えば、女性消防分団消防庁によると「女性のみで結成され、主に防火広報活動で活躍しています。女性ならではのきめ細やかな対応で、活動の幅がますます広がっています。」

非常に抽象的な表現がなされており、防火広報活動以外は明記されていません。女性消防分団による操法大会もありますが、通常の圧と異なるホースで行われることもあります。火災現場で用いられるホースでなければ、実践向けの訓練にはなりません。問題になっている訓練ではなく、競技としての大会に女性も巻き込まれています。
rihaot.hatenablog.com

 

つまり、女性消防分団は団員数を多く見せたり、男女参画を見せるためのお飾りとして女性を利用している側面が見えてきます。

熱意のある女性はたくさんいます。消防士になる女性もたくさんいます。

身体的な性差はあるので、全く同じとはいかないとは思いますが、熱意のある方は通常の消防団に参加してもらうこともありなんじゃないのでしょうか?それが本当の男女平等ではないのでしょうか?お飾りにするくらいならそんな組織不要じゃないでしょうか?

団員が減っているからといってなんでもかんでも人数を増やせというのはおかしいと思います。

 

最初に述べた条例で定数が決まっていることも本当に適正なのか最後に述べます。

 看護師が足りないというニュースは皆さん一度は耳にしたことがあると思います。何をもって人数不足と言っているかというと看護師は看護師1人当たり、何人の患者さんを担当するかという基準があります。もし看護師1人あたり、患者さんを10人まで対応すると決めた場合、患者さんが100人いれば看護師は10人必要になります。

もし、基準となる人数が看護師1人あたり、患者さんを20人まで対応するとなれば、患者さんが100人いれ必要な看護師は5人で済むんですよね。

   

もちろん、看護師が多すぎるか少なすぎるかという話ではありません。法律でも条例でも基準を決めればそこにたいしてどれくらい充足しているのか、どれくらい不足しているのかが決まってくるということです。

 

つまり、現在の条例はいつ決まり、本当にその人数が必要なのか再考したのかどうかが問題だということです。

 もし何十年も前の条例であれば見直すべきです。消防士の数も変化しているでしょうし、機材も増減あるでしょうからそこに応じて団員の数を決めればいいだけです。もし、負担が大きく退団者や地元を離れる人間がいるのであれば、活動についても考え直すべきです。

 

いつまでも昔の基準で人が足りないからといって、ただ単に入ってくださいというのは現代にそぐわないんですよね。

 

今、何を行う必要があってそこに対して何人必要なのか。そこの部分をしっかりと考えてもらってから充足率については議論してもらいたいです。

 

 

ではでは。