作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【リハビリ】作業療法士の年齢

こんにちは。

 

かなり前なんですが、作業療法士の年収や人数について取り上げました。

rihaot.hatenablog.com

 

rihaot.hatenablog.com

 

今回は作業療法士の年齢について見ていきます。

2018年のデータによると作業療法士の平均年齢は男性34.7歳、女性は34.1歳となっています。

最も多い層は26~30歳で23.4%になり、続いて、31~35代が22.2%と続きます。

若い職員が多いイメージなので、21~25歳も多いかなと思っていたのですが、15.4%と36~40歳の17%より少ないんですよね。

おそらく、大卒であれば就職時に22歳になりますし、21歳や22歳の人数が少ないことが影響しているかと思います。

 

反対に2018年3月31日調査時点で61歳以上となっている方は全体の0.7%しかいません。更に、50歳代で全体の4.5%、40歳代後半は全体の5.5%しかいません。

 

こうして見ていくと40歳までの療法士が8割近くを占めていた状態ということが分かります。歴史が浅いので、このような人数分布なのかなと思っていたのですが、歴史が長い、看護師(2016年調査)を見てみても平均年齢は38.9歳となっていました。

つまり、ここ20~30年程度で高齢社会に対応すべく、養成校が乱立したことが一因として考えられます。

特にリハビリでは養成校が爆発的に増加し、4年の大学に対して3年の専門学校が実習や教育が行き届いているのかということも議論されたことがあります。

 

過去記事でも書きましたが、作業療法士は年間4000~5000人排出されます。今の世代が年齢が上がってきても、看護師の傾向から行くと平均年齢は30代後半程度までしか上がらないかもしれません。

国家試験の合格率も低い時でも70%台であり、現在の傾向が変わらなければ今後も若い世代が増えてくることは間違いありません。

 

現在、コロナウイルスの影響で実習が満足に行えないまま、就職する若い世代も出てきています。私たちも含めてですが、若い世代にどうやって質を担保していくのかについて常に考えていく必要がありそうですね。

 

また、医療業界全体として言われていますが、敬語の使い方が下手ということも言われています。私たちの仕事は人生の先輩・大先輩方を相手にする仕事です。

 作業療法士免許を取得した瞬間から「学生さん」と呼ばれていたのが「先生」と呼ばれるようになり、勘違いをする職員も見てきました。

言葉遣いに関しても上からではなく、しっかりと患者さんや利用者さんを尊重できる言葉遣いができるように教育もしていかないといけませんね。

 

ではでは。