作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

【リハビリ】外国のリハビリって?

こんにちは。

 

 皆さんはどこで仕事につかれているでしょうか?場所は様々であってもこの記事を読んで頂いている方は日本で仕事している方がほとんどだと思います。

私たちリハビリ関連は主に病院での勤務が多いですよね。老健や在宅分野も増えていますが、やはり病院が一番多いと思います。今回は外国ではどうなのかという点についてフランスを例に取り上げてみたいと思います。

 

まず転院などなしにどれくらい入院したかという在院日数なのですが、日本では1988年は31.8日、2010年は18.8日となっています。かなり短くなってますよね。

では、フランスではですが、1988年で10.8日、2010年で7.3日とかなり短くなっています!股関節の手術では1週間で退院することもあるようです。日本と比べると早いですよね。

 

なぜこのような状況ができるかというと在宅入院という制度があるからなんです。

在宅入院とは在宅医療と訪問看護をあわせたもので「Hospitalisation a Domicile(HAD)」と呼んでいます。在宅にいながら24時間病院に入院しているのと同じ治療や看護ケアが家で受けられるものとなっています。

すぐに対応するためにHADの事業所は病院のナースステーション同様、消毒された治療材料や薬剤、注射薬、さまざまな処置に必要な道具がそろっている。

ここが日本と大きく異なり、HADの期間が平均して約13日あります。つまり、病院の入院期間と在宅での入院期間を合わせると約20日ということになります。日本の入院期間とほぼ同じになってきますね。

 

その制度の中で日本と大きく違うのはセラピストは開業権を持っています。日本では自費リハビリや訪問看護ステーションでない限り、セラピストが開業することは難しいので、中々自分で開業するということが難しいですよね。

開業できることも在宅でリハビリを行うことが増えている一因になっているように思われます。

もちろん、開業=一定のリスクを背負いますので、地域柄もあるかもしれません。日本では安定を好む思考も少なくないので、開業するよりは雇われを選ぶ方もいると思います。

 

このような制度の結果、日本が訪問リハビリ部門で働く理学療法士の割合が10%に満たないのに対し、フランスでは80%もの理学療法士が在宅部門で働いています!驚異的な数字の違いですね。言語聴覚士も同じような割合で在宅部門が多いそうです。

一方で作業療法士は在宅部門はわずか6%しか在宅部門はいません。これは保険適応の範囲が狭いからだそうです。理学療法や言語療法と比べ、内容が分かりにくい分中々適応にならないのかもしれませんね。

人数としても数年前は理学療法士75000人、言語聴覚士21000人規模だった時に作業療法士は8000人程度しかいなかったそうなので、人数の少なさも影響しているかもしれません。

 

日本は在宅に関しては訪問看護の人員配置問題などむしろ療法士が働きにくい方向へ向かっているかもしれません。

 

rihaot.hatenablog.com

同じような医療体制は難しいとしても、在宅で働きやすい、または開業できて自分で働いていける道が少しでも拡充されていくといいですね! 

 

ではでは。