作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。毎日12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。コメントをゲストの方も書けるようにしました。

【リハビリ】作業療法士ってどれくらいいるの?

こんにちは。

 

12月27日に登録理学療法士について記事にしました。作業療法士もいずれは人数が過多となり、このような制度が始まるかも知れません。ですが、実際に作業療法士はそれくらいいるのか?もう一度確認をして今後について考えたいと思います。

 

2018年度の有資格者は約95000人だそうです。いよいよ10万かーと思ってましたが、理学療法士を見てみると約170000人だそうです!作業療法士は年間4000~5000人が資格を取得し、理学療法士は年間10000人が資格を取得するそうです。そうすると今年度は作業療法士約105000人理学療法士約190000人になっていそうですね。

 

あくまで有資格者なのでここには定年された方や資格はあるけどしていない方も含まれます。私の知り合いでも作業療法士を辞め、喫茶店を開いたり、ハンドメイドを販売して生活している人もいます。作業療法士協会に登録している割合は資格者の7割弱ということなので、実際に働いている人は10万人を下回りそうですね。

 

こうして見ていくと作業療法士理学療法士の約半数ということが分かります。実際に現場でも作業療法士の人数が理学療法士の半分程度という職場も少なくないのではないでしょうか?人数からいくと理学療法士と比べて飽和状態にあるとは言えないかもしれません。

 

しかし、理学療法士はスポーツや整骨院での働き口が多いです。一方作業療法士は精神科での働き口は多いですが、スポーツや整骨院では稀と思います。働ける場所が違うこともあるので、人数が少なくても供給が過多になってくる可能性はありますね。

 

どうなるかは分かりませんが、今後登録作業療法士制度のような状況が生まれてくるかもしれません。しっかりと情報にアンテナをはり、自分たちがしっかりと働けるようにしていきたいですね。患者さんと自分たちのよりよい未来のために!!

 

ではでは。

 

 

 

rihaot.hatenablog.com