作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。毎日12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。コメントをゲストの方も書けるようにしました。

Go To トラベルと医療費

こんにちは。

今日は年末年始中止されたGo To トラベルについて取り上げます。
おさらいしておくと、7月の第1弾では宿泊料金一泊当たり35%(最大2万円、7泊まで)、日帰りでは一日1万円を上限に旅行代金を公費で補助するというものでした。10月からの第二弾では第一弾に加え、宿泊や日帰り料金に対しての15%分の地域共通クーポンを公費で発行し、旅先で使用してもらい、経済を回してもらおうというものでした。
予算の総額は、約1兆1,250億円10月15日までに約1400億円が使用されたようです。開始から9月15日までの2か月が約735億円だったことを考えると、秋頃からは徐々に旅行が加速していったことが分かりますね。このペースでいけば開始から2000億円規模では使用されたのではないでしょうか?

桁が大きくて、ピンとこないかもしれませんが、1兆1250億円とはすごい金額ですよね。
厚労省によると2013年に医療費総額は40兆円を超え、2017年には43兆円にも昇るそうです。うち85歳以上男性の入院費にかかる公費は1兆円だそうです。かなり高齢な男性の入院費をまかなえるほどの財源を出していることには驚きます。
ちなみに昨日も取り上げた訪問看護関係の年間の公費負担は2017年度で約2000憶です。

f:id:rihaot:20201216100326p:plain

訪問看護ステーションからの訪問リハビリの単位を引き下げる、上限をかけるという話が出ていますが、Go To トラベルのお金をもし回してくれていたら6年程度はまかなえる額なんですよね!

もちろん、様々な事業者に回しているお金をすべて訪問関係にとは言えません。しかし、これだけコロナウイルス感染拡大の一因になったかもしれないお金の使い方はもっとうまくするべきだったのではないでしょうか?しかも、感染拡大は国がおさえたい、医療費の増加につながるかもしれないですしね。
重箱のすみをつついてお金を下げていこうとする国のやり方が果たして正しいのか?すみをつつくことも大切とは思いますが、もっと大きい部分でもちゃんと考えていってほしいですね!本当に!

医療費についてはこちら

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/17/dl/toukei.pdf

ではでは。