作業療法つぶやきブログ

作業療法つぶやきブログ

現役作業療法士(OT)のブログ。月・水・金12時更新。こんにちは~ではではの間に皆さんにとって興味のわく話題を提供していきたいと思います。カテゴリー一覧はスマホの方はページ下部へどうぞ。

訪問看護・訪問リハビリの医療費における割合

こんにちは。

 

今日は訪問看護・訪問リハビリの医療費における割合について取り上げます。

結論から言うと2017年で約2000億円です。年々増加しており、2013年と比べると倍近くになってきています。ちなみに他の医療費でははりやあんまなど含めても何倍というような大幅な増加をしているものはないようです。

4年で倍近くなっていますから、やはり目を付けられる部分ではあるのでしょうね。

 

しかし、医療全体で見てみると約0.5%なんですよね。しかも訪問リハビリはその中の一部なので本当に重箱の隅をつついているだけだと思うんです。仮に診療報酬を一割引き下げただけでは医療費の内でも0.1%にも満たない金額の引き下げになるんですよ…。

 

これで日本は将来に向けて明るい一歩になるのでしょうか? 訪問看護の公費が1000億上がった4年の間に入院費は1兆円上がっているんですよね。高齢者が増えているので、増えるのは仕方ないとは思います。しかし、増えているのであれば、入院という莫大な金額を下げるために、訪問など在宅部門の金額の増加はある程度据え置くのも一つなのではと思ってしまいます。お金の面だけでなく、休業時の待遇などの社会保障や訪問関係が充実すれば少しでも人生の最期を在宅で過ごせる方々も増えていかないかなと思うんですがね。

 

お金で重箱の隅をつつきたいのであれば、まずは総理のGo To一時停止後の会食など不要な細かい支出から見直してもらいたいものです。

 

医療費の詳細はこちら

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/17/dl/toukei.pdf

 

 

ではでは。